社員の意識を高める社員教育

問題意識を高めることが大切

社員研修では社員の意識を高めて、常に問題意識を持てるようにする必要があります。利益率を高めて会社が成長するためには、常に業務効率を高める創意工夫が必要だからです。そのためには社員1人ひとりに問題意識を持ってもらい、どんな課題があるのかを探し出してもらうことが大切です。けれども大抵の場合、仕事に慣れてくると普段の業務には特に問題意識を持つことなく、手順通りに作業を進めることに終始します。その結果、何か非効率なことがあっても疑問視せずにそのまま進めるといった状態に留まってしまいます。そのようなマンネリを防ぐために、定期的に社員研修を行なって問題提起を行い、自らが課題を探し出せるように指導することが必要というわけです。

社員の成長にも問題意識を持つことが必要

さらに業務効率の向上と共に、社員自身の成長のためにも普段から問題意識を持ってもらうことが必要です。自分の仕事では何を求められているのか、そのためにどんなスキルを身につけるべきなのかを考えてもらうためです。いつまでも今の業務に取り組んでいれば良いという考え方は捨ててもらう必要があります。少しでも経営感覚を備えて、チームのために何をすべきかを考えてもらうべきです。やがては管理職となりチームをまとめ、さらに部下の育成も行えるようにしなければいけません。そのためのスキル磨きを意識するように、社員研修で教えることが大事というわけです。自主性を持って自らを向上できる社員にすることが、会社の成長につながります。

© Copyright Specific Learning. All Rights Reserved.